2019年10月2日水曜日

YALOVA MTB CUP:レースレポート


大会名:            YALOVA MTB CUP
開催日:   2019929
開催場所:  トルコ・Yalova
カテゴリー: UCI Class1
リザルト:        9
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

3週間の海外遠征最後となるレースをトルコ・Yalovaで迎えた。
去年も訪れた場所であるので生活もすぐに落ち着き、連戦と移動で疲労気味であった体調もすぐに回復。レースまでの1週間をストレスなくトレーニングに励むことができた。今回のレースではUCIポイントを取るだけでなく、格上の選手に引けを取らずに少しでも長く先頭パックで展開していくことが大きな目標である。昨年のレース展開を思い出しながら良いイメージを作りあげていき、非常に楽しみな気持ちでレースに臨んだ。

コースはスタートしてすぐに短く登り、その後の砂利道での下りはとてもハイスピードで最高速度は70km/h近くにもなる。後半は激登りを含むシングルトラックのアップダウン。スピードの変化が激しく一定したリズムで走るのが難しいコースであった。
去年のレース経験から1周目に先頭パックでスピードが上がる区間も予想できたので、アタックポイントを確認しながら念入りに試走した。最高気温は25℃ほどで暑さが気になるほどではなく、完全にドライコンディションでの7周回でのレースとなった。

スタートは2列目から。UCIクラス1ということで今回のレースもギリシャやポルトガル、イタリアなどから強豪選手が参戦し、昨年より速いペースでレースが展開されることは間違いない。スタートはすぐに緩い右コーナーがあるが、スピードの出易いアウト側ほど砂利が浮いていて滑りやすかった記憶があるのでイン側を選択。これが功を制し、すぐ隣の選手が落車したのをギリギリで避けることができた。ハイスピードな下りはライン取りに自信があったのでノーブレーキで攻めて順位を上げ、先頭パックの後ろの7番手ほどの位置に付ける。



登り始めは踏み過ぎないようにし、下りに入る前の重要な位置取り争いにしっかりと対応できるようにしながら順位をキープ。激登りには先頭パック後ろの7番手の位置で入ることができたが、ここでトップ選手のパワフルな登りに対応できずに離されてしまった。さらに後ろから3人のパックに抜かれて10番手に後退するが、まだまだ前に選手は見えている状況で1周目を通過。ラップタイムは去年より30秒ほど速かったが、やはりレース全体のスピードが去年より上がっている。

2周目。10秒ほど前に3人のパックが見えているが、最も力の差の出る激登り区間で再び差を広げられてしまった。3周目にはトルコの選手と10位パックになってレースを進めていく。この選手は自分がスピードを落としがちな登り終わりや平坦区間で積極的にスピードを上げてくるので一緒に走るのは苦しいが、競り合うことで良いペースでレースを進めることができた。下りと激登り区間は自分の方が速いので前に出て走るようにし、トップ5の選手と変わらないラップを刻めているようだがなかなか選手が見えてこない。やはり2周目に大きなパックにつけなかったことが悔やまれる。

激登り区間ではレース序盤はダンシングで登っていたが、確実にタイヤのグリップを得るためにシッティングに切り替えてみると速く登れるようになった。トルコの選手に僅かに差を付け、その後のシングルトラックの下りを思い切り攻めてリードを広げる。

残り2周回。再びトルコの選手とパックになってしまったが、前にはカザフスタンのキリル選手が見えてきた。追い抜いて9位に上がる。3人パックで残り1周に入った。

確実にこのパックで先頭を取ってゴールすることに集中。先ほど差を広げることができた激登りとシングルトラックの下りが自分にとっての勝負どころであるので、その区間まではトルコの選手の後ろで待機。何度もアタックして引き離そうとしてくるが反応することができた。そして狙い通りに激登り区間で前に出て数秒の差を付け、シングルトラックを攻めてリードを広げる。ゴールまで全力で走り切り、9位でのゴールとなった。


トップの選手とは力の差を感じたが、2周目の位置取りがもっと上手くできれば7位までは十分に狙えたレースであった。自分は2周目〜最終周回までラップタイムに殆ど変動がなく良く言えばイーブンペースで走れているが、トップの選手は前半3周回のタイムがズバ抜けて速い。後半は自分と同じペースまで落ちてはいるが、結局は前半に着いた差がそのままゴールまでのタイム差となってしまっている。しかしながらゴールタイム自体は去年より2分以上速く、スタートからの位置取りや勝負所での駆け引きなど成長を感じられた点はたくさんあった。今回得た課題克服に努め、もっと強い走りができるように精進していきます。

3週間に渡る長い海外遠征でしたが、たくさんの方々に支えられて無事に怪我なく終えることができました。いつも応援いただく方々に感謝しています。ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク         ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com/bikes/xr9.html
サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR  M9100シリーズ(http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto フレアー スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                   (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com)        
サングラス            OAKLEY 
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース中:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                                 VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

メーター       Pioneer SGX CA-600 http://pioneer-cyclesports.com/jp/
ヘッドバンド   HALO (https://www.haloheadband.jp


2019年9月24日火曜日

Camel Mountains XCO 2:レースレポート


大会名:         Camel Mountains XCO 2
開催日:   2019920
開催場所:  イスラエル・Hof Hacamel
カテゴリー: UCI Class1
リザルト:        22
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

2日目はUCIクラス1レースということもあって更に強豪選手がエントリー。
ポイント獲得のために15位以内を目標としてレースに臨んだ。

前日の反省からタイヤはダウンヒル区間で安心感を得られるものに変更。
しかしながらウォーミングアップの段階で既に脚が鉛のように重く、登り区間に不安を覚えてのスタートとなった。

昨日と同じ4列目からスタート。ペダルキャッチは上手くいったが脚に力を込めることができずにどんどんと後退してしまう。強豪選手が増えたことで先頭パックのスピードは一段と速くなり、あっという間に集団は一列棒状になる。昨日と同じ場所で渋滞が発生するが、一度止まれることが嬉しいと感じるほどに身体に余裕がなかった。下り区間では昨日よりも安定して攻めることができるので、前の選手に食らいつく形で1周目を通過。順位は30番手付近と出遅れてしまった。

レース中盤にかけて少しずつ身体が動くようになっていき、少数のパックを追い抜きながら順位を上げていく。昨日のレースからコース上で最もキツい箇所は把握できているので、上手くペース配分しながら走ることができた。気温はかなり高くて日差しが強く、頻繁に水分補給を心がけた。息が上がっている場面でもVAAMウォーターは喉を通りやすいので助けられる。

レース後半。昨日は残り3周で1分近くラップタイムを落としてしまっていたが、今日は僅かに余裕がありペースを保つことができている。常に前に選手が見えているのでモチベーションを切らさずに追いかけることができている。ラスト2周でポルトガルチャンピオンの背中が見え始めた。彼には6月のステージレースの時は全く歯が立たなかったので、今日は勝って終わりたい。下り区間で差を縮め、短い登りで一気にスピードを上げて追い抜いた。順位は22番手で残り1周。後半区間で前に2人のパックが見え始めていたが、追いつくことはできずに22位でフィニッシュとなった。


今の自分にできるベストの走りはできたが、15位以内のポイント獲得はならなかった。上位選手とのラップタイムを比較すると15位前後の選手たちと中盤以降は同じタイムを刻めているので、序盤の出遅れが順位に大きく影響していることがよく分かる。追い上げる展開には限界があることを感じているので、まずはしっかりとスタートから全開で動ける状態にまで身体をリカバリーさせ、次戦のレースに挑みたいと思う。

イスラエルではポイントを獲得できずに悔しいですが、課題は明確です。このレースでUCIポイントが取ることができれば世界戦やワールドカップで完走する力があるということの証明にもなるので、またリベンジしたいと思えるレベルのレースでした。

このような貴重な遠征を行えていることに改めて感謝し、次戦のトルコ・Yalovaまでの残り時間を大切に過ごして参ります。
今後とも応援のほど宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク         ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com/bikes/xr9.html
サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR  M9100シリーズ(http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto フレアー スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                  (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com)        
サングラス             OAKLEY 
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース中:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                                  VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

メーター       Pioneer SGX CA-600 http://pioneer-cyclesports.com/jp/
ヘッドバンド   HALO (https://www.haloheadband.jp


Camel Mountains XCO 1:レースレポート


大会名:            Camel Mountains XCO 1
開催日:   2019919
開催場所:  イスラエル・Hoh Hacamel
カテゴリー: UCI Class2
リザルト:        18
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

トルコでのレースを日曜日に終え、次なるレースはイスラエルでの2連戦。
木曜日と金曜日に開催という珍しいレーススケジュールで、初日にUCIクラス2、2日目にクラス1レースとなる。移動に費やす時間を考慮しても中3日間での国をまたいでのUCIレースの連戦は簡単ではないが、少しでも多くのポイントを獲得するためには挑戦しなければならない。トルコのレースでは調子の良さを感じていたこともあり、プロ1年目であった2012年以来の7年ぶりに訪れるイスラエルでのレースを楽しみにしていた。

レース前日にコース試走。スタートから斜度はキツくないが荒れた砂利道をひたすら登り、後半はハイスピードなシングルトラックで一気に駆け下りてくるレイアウト。ワールドカップコースのような派手さはなくシンプルな造りだが、全体的にコーナーへの進入速度が速いために僅かなミスがタイムロスに繋がりやすく、決してスタミナと登坂力だけでは勝てないコースであった。

そして出場選手はかなりの強豪揃い。ヨーロッパ、アメリカ各国のナショナルチャンピオン、ワールドカップで表彰台に上った選手もエントリー。ポイントを獲得するにはトップ10以上のリザルトが必要なので容易ではないが、このメンバーの中で達成できれば大きな自信となる。体調としては前日にしっかりと睡眠は取れたものの、朝の9時スタートということもあってどうも身体がシャキッとしない。トルコでの食あたりも完治はしていないので万全とは言えないが、マイナスな思考はレースに不要と切り捨てて目の前のレースに集中した。

路面が荒れているため4人ほどしか並べず、その中の4列目からスタート。先頭のスピードはとても速く、順位を上げることより目の前の選手にくっ付いていくので必死の状況。シングルトラックの入り口では渋滞が発生し、一気に先頭パックとの差は開いていく。身体の動きも悪く順位を上げることができないまま20番手前後で1周目を通過。

2周目から中盤にかけて少しずつ身体は動くようになってきた。前から落ちてきた選手を抜いていく形で16番手に上がる。更に順位を上げていきたいのだが、登りで差を広げた選手に下り区間で追いつかれてしまうことを繰り返す。この日は長い登りに備えてノブの低くて転がり抵抗の小さいタイヤを選択していたが、これが仇となってしまっていた。思うように走れない中、ラスト3周で失速してしまい順位を18番手に下げてゴールとなった。


初日から厳しい内容になってしまったが、長い登りでのペース配分や下り区間での攻め方などでは今回のレースで学ぶことが非常に多かった。それを明日試すためにも、とにかく明日のレースに向けて体力の回復に努めなければならない。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク        ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com/bikes/xr9.html
サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR  M9100シリーズ(http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto フレアー スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                  (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com)        
サングラス             OAKLEY 
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース中:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                                 VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

メーター       Pioneer SGX CA-600 http://pioneer-cyclesports.com/jp/
ヘッドバンド   HALO (https://www.haloheadband.jp