2018年5月29日火曜日

CJ-U 富士見パノラマ大会:レースレポート



大会名:            CJ-U 富士見パノラマ大会
開催日:   2018527
開催場所:  長野県 富士見パノラマリゾート
カテゴリー: UCI Class3
リザルト:        12
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

前戦の八幡浜大会から1週明けて臨んだ富士見大会。チームはこの間にギリシャでのUCIレースに参戦したが、自分はアジア戦で再発してしまった肋骨の痛みを無くすことを優先するためにギリシャ遠征をキャンセルしてこの富士見に備えることを選択させてもらった。2週間という時間はチームから与えて頂いた貴重な時間。オンロードでの練習を中心としながら生活面でも悔いのない準備をやり切り、前日の試走でも痛みは無かったので安心してレースに挑むことができた。

コースは若干の下り区間の取り回しが変わったものの、基本的なレイアウトは変わらない。完全なドライコンディションで締まっている路面はいつも以上に固く感じる。気温も30℃近くあるので、暑さに対応できるかも重要な要素となった。

スタートは1列目の左端から。6番手の位置で登りきってシングルトラックへ入る。シングルトラックで一人かわし、先頭の平林選手と10秒差、セカンドパックとは5秒ほどの差で登り始める。差を縮めようと追い込むが、呼吸が荒くなるばかりでペースが全く上がらない。セカンドパックからも離され、4番手の位置で1周目を終える。2周目、3周目と次々に後続の選手に抜かれていくが、全く反応できずに苦しい展開が続く。下りはサスペンション(SR SUNTOUR AXON)のセッティングがバッチリと決まったことでストレスなくこなせているが、長い登りで踏めていないので、なかなか順位アップに繋げることができない。レース終盤にシクロクロスでも競い合っている小坂選手とパックになり、意地を出して僅かながらペースアップ。前の選手も見え出していたが届かず12位でのフィニッシュとなった。

エリートクラスに上がってから過去最低の成績となってしまった。まだまだ力を取り戻すのには時間が必要であることを痛感させられた。
しかし今の自分にとってはレースを走っても痛みが出ないまでに体が回復していることは前向きに捉えることができる。

八幡浜からできる限りの準備はしてきたつもりではあったが、短期的に見れば却ってパフォーマンスを下げる方向に進んでしまっていた部分もあるように思う。登りの斜度が緩んだ場面で回転数を上げることができず、ゴールまでぎこちないペダリングになってしまっていた。レース中の動画を見返すと色々と反省点が多く、訳も分からず走れなかったというレースではない。1ヶ月半後の全日本に向けては修正していけると思っている。

ともあれ今回の富士見も本当に勝ちたいレースであったので、思うように走れなかった自分にストレスは溜まっている。サポート体制も完璧にして頂いていたために、結果で応えることができなかった自分に腹が立つ。今の自分にできることは、今回のレースを「失敗だった」と切り捨てて終わるのではなく、何が原因で思うように走れなかったのかをしっかりと分析し、次のレースに向けての成長のきっかけとなるように繋げていくこと。

次に富士見を走るのは全日本選手権。ここで最高のパフォーマンスを発揮するために、今できることは沢山ある。モチベーションは高く保てているので、体調に十分に気を使いながら、自信満々の状態で全日本の日を迎えられるように準備していきたい。

沢山の応援、本当にありがとうございました。
苦しいレースであったからこそ、本当に力になりました。
そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                     (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM Low Light
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                   レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp
         


やわたはま国際MTBレース2018:レースレポート


大会名:         やわたはま国際MTBレース2018
開催日:   2018513
開催場所:  愛媛県八幡浜市 市民スポーツパーク
カテゴリー: UCI Class1
リザルト:       7位
天 候:   雨
コースコンディション: マッド

フィリピンでのアジア戦から中一週間で迎えた国内唯一のUCI Class1レースである八幡浜大会。体の状態は正直万全とは言えないが、今の自分にできる最大限の準備をして会場に入った。膝の怪我は完治したと言えるのだが、アジア戦で過呼吸状態になったことが影響して3月に疲労骨折していた肋骨の痛みが再発してしまっていた。ここまで怪我が続くと精神的にも苦しいのは事実だが、レース当日はずっと雨が降り続いたことで自分にとって得意なマッドコンディションでのレースとなり、前向きな気持ちでレースに挑むことができた。八幡浜のコースは路面が固くて深い泥になり難いためにマッドタイヤが絶対に有利とも言えず、タイヤチョイスには頭を悩ませた。結局フロントタイヤのみマッドタイヤ、リアはノブが高めのドライ用のタイヤを選択。この選択がベストであったのかは分からないが、泥レースの経験はシクロクロスのお陰で周りの選手より経験も多いので、得意意識を持ってレースに臨んだ。

一列目からスタート。ペダルキャッチに成功し、その後のストレートはやや伸びないなと感じながら7番手でシングルトラックに入った。トップ2には先行されてしまうが、落ち着いてレースを進めていく。少しずつ順位を上げながら4番手で1周目を通過。中盤まで外国人選手を含む数名のパックでの抜きつ抜かれつの展開が続く。体の状態は絶好調とは言えないが、レース前にしっかりと刺激を入れてきたのが良かったのか脚はよく動いていた。何よりレースに集中できている。ようやく膝の怪我をする前の状態には戻ってきたことを感じる。

コースコンディションは後半にかけてどんどんと酷くなっていき、一度大きく転倒してしまったが特に大きなミスはなくレースを進められていた。しかし段々と脇腹の痛みが気になり始め、特にバイクを押すセクションで痛みが酷い。ストレスが溜まる状況に耐える展開が続くが、ラスト2周で一気に順位を落としてしまい7位でのフィニッシュとなった。

今週のギリシャでの2連戦は残念ながらキャンセルとし、来週の富士見を万全の体調で迎えられるように調整したいと思います。結果を残せずにもどかしい日々ですが、やるべきことに全力の姿勢で取り組むというのはどんな時でも同じ。今の僕にとってはそれが怪我を治すことと、痛みのないオンロードでのトレーニングです。次戦までの時間を充実したものにしていきます。

たくさんの応援、サポートを頂き、ありがとうございました。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                  (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         Flight JacketPRIZM Low Light
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp
         


2018年4月18日水曜日

US Cup #4 – Bonelli Park XCO:レースレポート

大会名:            US Cup #4 Bonelli Park XCO
開催日:   2018414
開催場所:  アメリカ・Sam DimasBonelli Park
カテゴリー: UCI Hors-Class
リザルト:         DNF(途中リタイア)
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

アメリカ・Sam Dimasで開催されたUS CUPに参戦してきた。
先週のFontana大会から中1週間でのレースとなるが、時差ぼけも完全に取れたことで充実した準備を行なうことができた。レースコースを利用して脚にしっかりとした刺激を入れられたことで体調も良く、とても楽しみな気持ちで今回のUS CUPを迎えた。

アメリカに来てからの2週間の間で一度も雨が降っておらず、今回のコースも先週のFontanaと同じように乾燥し切った硬い路面で構成されている。しかしレイアウトは大きく異なり、短くパンチの効いた登りと直線的な下りが組み合わせられたハイスピードコース。下り区間にコーナーは少なく簡単にスピードに乗るが、鋭利な岩が多々あるのでパンクのリスクも高い。1周の距離は短く、スタートループ+7周回でのレース。先週よりも得意意識のあるコースであるので、今回こそは目標であるUCIポイントの獲得(25位以内)を達成したい。

2列目からスタート。先週ほど周りの選手のスピードに圧倒されることはなく、20番手ほどでスタートループをクリアして本コースへ入っていく。砂埃で視界が悪いが、試走の時にラインをしっかり確認しておいたので問題無い。位置取り争いでペースが上がる箇所も予想できていたので、冷静に力を出し切って走ることができていた。体に余裕は無いが、限界ギリギリの良いペースで追い込めている。

1周目は27位でクリア。目の前に選手もたくさん見えているので目標の25位内は十分に狙える位置。登りを数名のパックでクリアし、ハイスピードな下りへ入る。この下りは鋭利な石が多数あってパンクのリスクが非常に高く、試走の時に最も念入りにラインを確認したセクション。岩場を真っ直ぐに突っ切るのが最速ラインであるが、自分はパンクのリスクを考えて岩場を避けるラインを選択していた。1周目はこのラインで全く問題無かったので、2周目も同じラインを選択。しかしそこで前輪を滑らせて転倒してしまう。すぐに立ち上がり走り出すのだが、足に全く力が入らない。自分の足を見ると予想以上に出血が酷く、このまま走り続けるのが怖くなってきた。自分を追い抜く選手たちさえも心配そうな視線を送ってくる。どう考えてもこのまま走り続けるのは良く無い。小林監督が待つピットまで走り、残念ながらその場でリタイアとなった。

傷は予想以上に深くてすぐに病院に運ばれて15針縫うこととなった。アジア戦を前にして一番望んでいない内容のレースをしてしまったことがとても残念だが、こうなってしまったからには1秒でも早く治すことに気持ちを切り替えたいと思います。

また沢山の方々のご支援のおかげで無事に日本に帰国できたことに感謝致します。
全てを力に変えて、3週間後のアジア選手権をベストな体調で迎えられるように準備していきます。

日本からの応援、そしてお心遣いの言葉をかけて頂き、本当にありがとうございました。
怪我をしてしまったことは現時点ではマイナスでも、必ずプラスの出来事に変えてみせます。それは僕のこれからの行動次第だと思っています。

今後とも宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                   (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp