2017年4月24日月曜日

UCI Class1 Coupe de Japon#1 八幡浜:レースレポート


大会名:         UCI Class1 Coupe de Japon#1 八幡浜
開催日:   2017424
開催場所:  愛媛県八幡浜市 市民スポーツパーク
カテゴリー: エリート男子(U23クラスと混走)
リザルト:        総合2位(エリート1位)
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

いよいよ待ちに待ったMTBシーズン開幕の日を迎えた。
2月にシクロクロスシーズンを終えてからの約2ヶ月間、この開幕戦である八幡浜大会での優勝を直近の目標と定めてトレーニングに励んできた。ボリューム重視の練習をじっくりと重ねながら途中に高強度な合宿を3回行なうことで調子を徐々に引き上げ、心身ともにレースを走るのが非常に楽しみなコンディションに仕上がっている。

昨シーズンのシリーズチャンピオンとして今年のゼッケンナンバーはNo.1であるが、スタートは2列目からであった。去年全日本選手権を欠場した影響で今は手持ちのUCIポイントが少ないため、UCIクラス1レースであるこの八幡浜で勝ってポイントを大量獲得することは僕にとって非常に大きな意味がある。

集中力を高めて号砲と共にスタート。しかしいきなりクリートキャッチを失敗してペダルを踏み外す痛恨のミス。大きく出遅れてグラウンド区間を抜ける時は20番手付近であったと思う。100mほどのアスファルトの直線では先頭付近の選手の間で若干の牽制が入ることは分かっていたので、その間に猛ダッシュをかけて少しでも前に上がっておく。前半に高速のダウンヒル区間が続くので、後ろにいて落車に巻き込まれでもしたら取り返しのつかないことになりかねない。なんとか7番手まで上がり、先頭が見える位置で下り始められた。ペースは速くは感じずに余裕で着いていけるが、登りに入るまでは追い抜く場所がないので無理はせずに前走者に着いていって息を整える。登りに入ったところですぐに順位を上げ、桜坂までには先頭に合流できた。この桜坂がコース上で最もキツい登り区間であるので、登り終えると自然と先頭集団が形成されていた。チームメイトの平野選手、弱虫ペダルの前田選手、スペシャライズドの平林選手、そして僕の4人。2周目、3周目を終えても4人のパックは崩れずにレースを進めていく。後続の選手も距離は近いが、先頭を走る余裕があるのはこの4人だけに感じた。

登りに強い平林選手と平野選手はコース後半の桜坂からの登りが速い。前田選手はホームストレートから続く平坦区間でのスピードがあるので、登りで数秒遅れても復活してくる。自分は昨シーズンの一番良かった時と比べると身体のキレが足りず、他選手を圧倒できるセクションをなかなか見つけることが出来ない。唯一つづら折れの登りでは若干抜け出せるが、その後の桜坂で平野選手たちに追いつかれてしまう。そして段々と余裕がなくなってきた4周目の桜坂で平野選手がアタック。これには誰も反応できず一気に10秒ほど差が開く。5周目のコース前半で少し距離を縮めたが、桜坂からの登りで再び距離が開いてしまう。前田選手はパンクで脱落し、平林選手との2位パックでファイナルラップへ。先頭の平野選手とは20秒ほど。追いつくのが厳しい状況ではあるが、可能性を信じて踏み続ける。たとえ追いつけなくても全ての力を出し切った上での平野選手とのワンツーフィニッシュには大きな意味がある。アスファルトの直線で平林選手を振り切り、単独で先頭を追いかける。

しかしここで先頭を走っていた平野選手が落車し、思わぬ形で先頭に立つことになった。そして後ろから再び平林選手が追いついてくる。レースは半周を残して2位争いから優勝をかけた一騎打ちへと変わる。この展開で負けるわけにはいかない。得意なつづら折れの登りでペースを上げて、差が開いたことを確認。桜坂に入るまでにさらにペースを上げて距離を開きたかったが、急にペースを上げたことで脚が攣る寸前のギリギリな状態。桜坂は最後のパワーをふり絞って登り切り、平林選手との距離は開いたように見えた。平林選手が絶対に諦めない心の持ち主であることは良くわかっているので、下りに入っても安全策は取らずに攻め続ける。ここまでくれば絶対に勝ちたい。しかしそれでも、、最後の激登りを前に差を詰められて追い抜かれてしまった。この登りで開いた数秒を詰めることができなかった。2位でのフィニッシュとなった。

最後に訪れた優勝のチャンスを、非常に悔しい形で逃してしまった。身体のコンディションはこれまでの春先に比べれば格段に良いが、まだ絶好調とは言えない状態であることも分かった。練習を順調に重ねていても、レースを走らなければ分からないことは多い。6月までは連戦が続くので、体調管理に気をつけて、しっかりとコンディションを引き上げていきたと思います。

たくさんの応援をして頂き、ありがとうございました!
そしていよいよ開幕した2017年のMTBシーズンも宜しくお願い致します!

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時

写真は春日部写真店さんより頂きました!

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(レッド)
                                    (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM TRAIL
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                                      レース中:ヴァームウォーター
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO (https://www.haloheadband.jp
         グラフィック プルオーバータイプ(ブラックタイダイ)


2017年2月5日日曜日

UCI Cyclo-cross World Championships:レースレポート


大会名:            UCI Cyclo-cross World Championships
開催日:   2017129
開催場所:  ルクセンブルグ・Bieles
カテゴリー: エリート
リザルト:        DNF
天 候:   曇り
コースコンディション: マッド

いよいよ迎えたシクロクロス世界選手権。
会場となったルクセンブルグのコースは過去に世界戦やワールドカップといったレースが開催されたことがないために参考となる映像がなく、日本にいる間は全くコースについてのイメージが湧いていなかった。ただなんとなく、普段頻繁にシクロクロスが開催されるベルギーやオランダでのコースに比べれば難易度は低くなるのではないかと想像していた。少なくとも去年の世界戦で走ったゾルダーのコースよりも難しいことはないはず。しかしレース3日前に初めてコースに入り、その楽観的な希望は完全に裏切られることになる。

木曜、金曜の試走の段階ではコースは完全に雪と氷に覆われており、どこを走っても滑るといった状況。上手い選手はタイヤを滑らせながらも曲がっていくのだが、アイスバーンの路面に慣れていない自分にとっては恐怖しか感じない路面状況であった。凍りついたダウンヒル区間も非常に急斜度で、転ばないように走るのだけで精一杯の状況。とにかく試走を繰り返して凍った路面に慣れるという手もあったが、凍てつくような寒さの中で長時間試走をするのは身体への負担が大きすぎることと、レースに悪影響が出るようなひどい落車をしたくなかったこともあり、試走の時間は最低限に止めた。幸い週末は気温が上がって路面が溶け出したために、雪と氷はなくなりマッドコンディションへと変わっていった。とは言っても表面の路面が溶けただけで地下は凍っているため、予想もつかない場所でいきなり滑る。しかもこれまでは地下に埋まって隠れていた鋭角の石がコース上に出現し、あまりにもパンクのリスクが高いためにタイヤのトラクションや乗り心地を無視してでも空気圧を上げるしかない。正直コースに関しては不安しか感じなかったが、レースで戦うのはコースでなく周りの選手であることを忘れてはいけない。

ほぼ最後尾の位置からスタート。最初のコーナーで早速落車が起きるが、うまく切り抜けることができた。最も落車のリスクが高い下りのキャンバーも上手くバランスをとって走ることができた。試走の時はどうしてもリスクを恐れてブレーキをかけてしまっていたが、レースペースである程度は突っ込んでいった方がタイヤのグリップを得られることがよく分かった。とにかく落車している選手が多いため、大きなミスなく走り続けるだけでも順位は上がっていく。2周目のピットで40番手ほどの位置だと教えてもらう。80名弱の出走数の中で決して悪くはないポジション。目標である30番台も捉えられている。しかしその直後。激下りの直後のコーナーでタイヤを滑らせて転倒してしまった。すぐにバイクに跨ったが、落車の衝撃でバイクを破損してしまって乗車は不可能な状況。しかも右膝を強く打ち付けたために激しい痛みがあり、バイクを担いでランニングすることもできなかった。悔しいがその場でリタイアする選択をし、僕のエリート1年目の世界戦はあっけなく終わってしまった。

世界戦までにもっとできた準備はなかったのか。そのことばかりが頭を巡る。今年の世界戦に関しては情報を手に入れにくかったのは事実だが、気温が低くて凍結した路面になることや、コース上にキャンバーを含む激下りが何箇所もあることはコースプロフィールを見れば予想できたこと。フランスチームは12月に同じ会場で試走を行なっているし、ベルギーでは何人ものスタッフが公式練習の始まる前からコースの下見に来ていたようだ。僕は彼らとは実力、経験ともに劣っているのに、このレースに対する特別な準備という点でも負けている。日本で目標としているレースを走る時は、そのコースに合わせた練習や準備やするのが当たり前であるのに、世界に挑む時はその当たり前のことができていない。その当たり前のことをきちんとやっていけば、世界のどんなレベルのレースでも完走は当たり前、あるいはもっと先のレベルにいけるかもしれない。自分にやれることはまだまだあると感じた世界選手権でした。

このルクセンブルクを始まりだったと言えるように、さらに進化していきたいです。
そしてまたこの舞台に戻ってきます。

日本からの応援、本当にありがとうございました。

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR CX6http://www.anchor-bikes.com

コンポーネンツ   SHIMANO DURA-ACE Di2 9070シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  SFG-1(ブラックレッド)
                                   (https://www.ogkkabuto.co.jp)
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                                 SAVASスポーツウォーター 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO (https://www.haloheadband.jp
         グラフィック プルオーバータイプ(Polka dot Black


2017年1月24日火曜日

UCI Cyclo-cross World Cup - Hoogerheide:レースレポート


大会名:            UCI Cyclo-cross World Cup - Hoogerheide
開催日:   2017122
開催場所:  オランダ・Hoogerheide
カテゴリー: エリート
リザルト:        51位(+4:16
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

いよいよヨーロッパ遠征が始まった。
こちらで参戦するレースは2戦。ルクセンブルクで開催される世界選手権とその前週に開催されるオランダでのワールドカップ最終戦である。

日本では味わえないコースの難易度とレース強度に少しでも体を慣らしておくために、世界戦の前に一度ワールドカップを走っておける意味は大きい。Hoogerheideは僕が高校生の時に初めて走った海外のレースであり、今年で5回目の参戦となる。そのためコースの特徴はよく理解しているが、今年は例年になく天候が良いために泥の路面は出現せずに、硬く地面が締まった超ハイスピードコースに仕上がっていた。とは言っても完全なドライコンディションではなく、いくつかのコーナーは芝がめくれて非常に滑りやすくなっている。日本では突入スピードを落として丁寧にクリアすれば良いコーナーも、こちらのレースでは躊躇なく突っ込んでいかなければあっという間に置いていかれてしまう。もちろん転倒すれば身体、機材ともに大きなダメージを負うが、リスク覚悟で攻めていくしかない。

初めてのエリートクラスでのワールドカップ参戦。もっと殺気立った雰囲気かと思っていたが、意外にもスタート前には談笑してリラックスしている選手も多い。これまで僕が走ってきたジュニア、U23のクラスと比べると選手全員が国際レースに慣れていることがよく分かった。僕自身も緊張を感じることなく、ほぼ最後尾の位置からスタート。第1コーナーではアウト側にいたため、前の選手に大きく詰まることはなく順調にコースイン。コーナー、そして直線ともにずっとアタックをかけているかのようなハイペース。僅かなミスで開いた前走者との差を埋めるのはとても難しいが、ミスを恐れてスピードを落とすのはもっと良くない。

順位は抜かれた分は抜き返すといった感じで、なかなか大きくジャンプアップはできないが、集中して走ることができていた。去年のHoogerheideでは1周目のあまりのハイペースに身体が対応できずに2周目から脚が止まってしまったが、今年はしっかりと対策を練ってトレーニングを積んできているために身体はキツイながらもレッドゾーンにはならずにきちんと動く。特にコースの最後の長い階段セクションとバイクに飛び乗ってすぐに全力で加速するこちらの選手の走りに対応できていたことに成長を感じた。階段セクションで集団から遅れると、その後の長いホームストレートを単独で走ることになってしまうためにスピードが上がらず脚も大きく消耗してしまうことになる。

レース序盤は40番台の5人パックで展開できていたが、滑りやすいコーナーで僅かに開いた差を詰めることができずにこのパックから脱落してしまう。単独で走り続けるのが一番良くないので、後ろのパックが追いついてくるのを一旦待ってからレースを進めていく。身体はとてもキツイが、集中できていてレースを楽しむことができている。ゴールまで同じパックの選手と争いながら、51位でフィニッシュとなった。

ほぼミスなく力を出し切っての51位という順位に改めてワールドカップのレベルの高さを感じた。エリート初戦で完走できたことは嬉しいが、やはりもっと上の位置でレースを進めてみたいという欲が出てくる。世界戦では一つでも前の順位、パックで走れるようにしっかりと準備していきたいと思います。

日本チャンピオンジャージを着ていることは、ヨーロッパでは本当に価値のあることなんだと感じました。ファンからの注目、そして応援の数は凄かったです。
もっともっと走りで目立てる選手になっていきたいと思います。

日本からの応援、ありがとうございました!
今週末の世界戦も宜しくお願い致します。

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時

Photo by Takumi Naruse

使用機材
バイク       ANCHOR CX6http://www.anchor-bikes.com

コンポーネンツ   SHIMANO DURA-ACE Di2 9070シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  SFG-1(ブラックレッド)
                                    (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         クロススーツ
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                                 SAVASスポーツウォーター 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO (https://www.haloheadband.jp
         グラフィック プルオーバータイプ(Polka dot Black