2018年7月9日月曜日

Ankara MTB CUP:レースレポート


大会名:            Ankara MTB CUP
開催日:   201877
開催場所:  トルコ・アンカラ
カテゴリー: UCI Class1
リザルト:       4位
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

全日本選手権前の最後となるレースをトルコ・アンカラで迎えた。
トルコはここ数年の間にチームで最も多く遠征に出かけている国のひとつで、コースの特徴や選手のレベルは把握できている。食事が美味しく親日家が多いこともあって過ごしやすいのだが、レースの運営は少々ルーズで周回数が急に変更になったりゼッケンの配布が遅れたりといったことも過去に経験している。とはいえ慣れている国ということで余計なストレスを感じずに済むので、調整レースとして走るには打って付けのレースとなった。

自分としては先週のスロベニアでのレースよりも一段良い動きでレースを展開し、表彰台を獲得することが目標。UCI Class1のレースであるので、ポイント獲得のために結果も残したいレースである。そして全日本に向けて怪我なく気持ち良く追い込んでフィニッシュしたい。特に先週のレースで失速してしまった2〜3周目をどう乗り切るかが重要になってくる。そのイメージを膨らませながらこの1週間は調整してきた。

コースは大学の敷地とその裏山とを組み合わせたもので、路面の大半は乾いた砂利。スタート地点でも標高は1000mほどある。前半は長い登りが続き、頂上からは短い登りを挟みながらもハイスピードに下ってくるレイアウト。先週のスロベニアのようにMTBのために常設されているコースではないので、路面が急に凹んでいたりラインを塞ぐような邪魔な木があったりして走り辛い。途中にある激下りもホイールが埋まるほどのパフパフな砂地になっていて、テクニカルと言うよりは危険な印象。鋭利な石が多くてパンクのリスクも高いため、機材トラブルや落車には十分に注意してレースに臨んだ。




選手の数は40名ほど。その大半はトルコ人であるが、最前列には日本に加えてスロバキア、フランス、ルーマニア、カザフスタンの選手らが並び、UCIポイント獲得を目指してこれらの国々の選手が中心となってレースが展開されていくことが予想された。

強い日差しが照りつける14時にレースがスタート。平坦なアスファルトで集団は一気に加速し、ギヤはすぐにアウタートップで回り切る。今回は長い登りに備えていつもよりも小さめのフロントギヤを選択しているので、ここは我慢するしかない。最初のシングルトラックには8番手ほどの位置で入った。良い位置とは言えないが、長い登りが続くので焦らずに前の選手との接触に気をつけながらレースを進めていく。先週のスロベニアでは1周目に好調さに任せて重いギヤを踏みすぎたことで失速してしまったように感じていたので、今回は前の選手を追い抜くとき以外は軽めのギヤで回していくように意識した。この走り方が上手くいき、徐々に順位を上げて5番手へ上がる。先頭はフランス人が2名、少し空いてルーマニア人が2名、また少し空いて自分とスロバキアの選手という2名のパックで1周目を終える。

2周目。先頭もまだまだ見える位置におり、登りに入るとルーマニアのパックにはすぐに追いつくことができた。これで3位集団が4名という形になったが、スロバキアの選手が先頭集団へ単独で追いつくために更にペースを上げる。このペースに付くことができずに離されてしまうが、後ろのルーマニアの選手も辛そうなので自分の限界のペースを保って踏み続ける。その結果、単独4番手となって2周目を終える。


先頭の3人に残れなかったのは悔しいが、こうなればルーマニアの選手との差を広げて4番手を確実なものにすることを意識してレースを進める。先頭は3名パック、後ろは2名パックということで平坦なアスファルトでは自分のスピードが劣るので、平坦は休む区間と捉えて登りで確実に踏み込んでいく走りにした。3周目、4周目と先頭との差も開くが、後方との差も開いて単独4番手が確実なものとなってくる。登りは脚がよく回ってリズム良く踏めている。下りはパンクと落車のリスクを考えて危険なセクションは慎重にこなした。ラスト2周回からは全日本へ向けたラストレースとして自分の全ての力を出し切ろうと考え、かなり追い込んだ走りをすることができた。4位でのフィニッシュとなった。


目標であった表彰台には一歩届かなかったが、4位というのは自分の実力を出し切った最善の結果であったと思う。もし1周目からフランス人の先頭パックに付いていけていれば、より積極的なレースを展開できてチャンスがあったかもしれないと考えると悔しさもある。しかし前回のスロベニアで課題に感じた部分を修正でき、コンディションも先週より一段高いところに上がっている感覚を得ることができて自信になったレースであった。

今回の遠征も多大なサポートを頂けたことで無事に終えられたことに感謝しています。また応援を送って頂いた方々、本当にありがとうございました。
火曜に日本に帰国し、移動疲れと時差などもしっかりと取り、全日本に備えていきたいと思います。

ご支援、ご声援を力に変えて、全日本で最高のパフォーマンスを発揮できるように頑張ります。
今後とも宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                  (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp
         


2018年7月5日木曜日

XCO Crni Vrh 2018:レースレポート


大会名:            XCO Crni Vrh 2018
開催日:   201871
開催場所:  スロベニア・Crni Vrh
カテゴリー: UCI Class2
リザルト:       14
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

シーズン後半戦となる7月に入り、全日本選手権の3週間前という非常に大事な時期。
スロベニアとトルコでそれぞれUCIレースを走らせて頂くこととなり、全日本へ向けた最終調整のためにもレベルの高い海外のレースで追い込めることは非常に有り難い。
約1ヶ月の間トレーニングに集中できたおかげで体調は上向き、今の自分がどれほどの力を発揮できるのか非常に楽しみにしてレースを迎えた。

スロベニアのコースは流石ヨーロッパというだけあって非常にテクニカルなレイアウト。距離は一周3.5kmほどと短いが、キャニオンジャンプやスピードを殺さないように造りこまれたシングルトラック、短く急勾配な登りは現在のワールドカップを強く意識して造られたコースのように感じた。選手の数は30名ほど。7周回のレースとなった。

スタートは4名ずつしか並べないような狭く平坦な砂利道で、自分は2列目の位置からスタート。平坦で脚が回りきったタイミングでヘアピンコーナーを抜けてシングルトラックに入っていくため、スタートの位置取りは非常に重要であった。脚はよく動き、先頭集団後方の5番手の位置につける。前走者のペースは速いが、決して付いていけないペースには感じない。テクニカルな下りセクションも集中できているのでミスがなく、コースを攻めることの楽しみを感じる。スタート前から体調が良く感じていたが、レースが始まって更に今日はいけるという想いが強くなる。いけるところまでプッシュしていこうと考え、4番手に上がりセカンドパックにつけて積極的にレースを展開していく。

2周目。先頭の3人から離されてしまい単独4番手。後方には大人数のパックが追走してきているという苦しい場面。なんとか粘って6番手ほどの位置で耐えていたが、3周目に後方の大きなパックに追いつかれて一気に順位を落としてしまう。ここで粘れない自分の弱さを感じたが、レースの後半に向けて自分の力を全て出し切るために全力のペースを保ち続けた。両脚が攣りそうになりながらもラップタイムは落ちずに走れていたようだが、順位はなかなか上げていくことができない。14位でのフィニッシュとなった。


今回のレース。結果だけで考えれば良かったのは2周目までだったのかもしれないが、自分の手応えとしては充分なものを得ることができた。無難に力を出し切るレース展開ではなく、自分の殻を破るレースができたことは、全日本へ向けて確実にプラスになると確信しています。

今週末のトルコのレースに向けてしっかりと体調を整え、全日本選手権へ向けた最終調整に入っていきたいと思います。

たくさんの応援、サポートを頂きありがとうございました。
次戦はUCIポイント獲得と表彰台に登ることを目標に頑張ります。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                  (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス           OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM TRAIL
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp
         


2018年5月29日火曜日

CJ-U 富士見パノラマ大会:レースレポート



大会名:            CJ-U 富士見パノラマ大会
開催日:   2018527
開催場所:  長野県 富士見パノラマリゾート
カテゴリー: UCI Class3
リザルト:        12
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

前戦の八幡浜大会から1週明けて臨んだ富士見大会。チームはこの間にギリシャでのUCIレースに参戦したが、自分はアジア戦で再発してしまった肋骨の痛みを無くすことを優先するためにギリシャ遠征をキャンセルしてこの富士見に備えることを選択させてもらった。2週間という時間はチームから与えて頂いた貴重な時間。オンロードでの練習を中心としながら生活面でも悔いのない準備をやり切り、前日の試走でも痛みは無かったので安心してレースに挑むことができた。

コースは若干の下り区間の取り回しが変わったものの、基本的なレイアウトは変わらない。完全なドライコンディションで締まっている路面はいつも以上に固く感じる。気温も30℃近くあるので、暑さに対応できるかも重要な要素となった。

スタートは1列目の左端から。6番手の位置で登りきってシングルトラックへ入る。シングルトラックで一人かわし、先頭の平林選手と10秒差、セカンドパックとは5秒ほどの差で登り始める。差を縮めようと追い込むが、呼吸が荒くなるばかりでペースが全く上がらない。セカンドパックからも離され、4番手の位置で1周目を終える。2周目、3周目と次々に後続の選手に抜かれていくが、全く反応できずに苦しい展開が続く。下りはサスペンション(SR SUNTOUR AXON)のセッティングがバッチリと決まったことでストレスなくこなせているが、長い登りで踏めていないので、なかなか順位アップに繋げることができない。レース終盤にシクロクロスでも競い合っている小坂選手とパックになり、意地を出して僅かながらペースアップ。前の選手も見え出していたが届かず12位でのフィニッシュとなった。

エリートクラスに上がってから過去最低の成績となってしまった。まだまだ力を取り戻すのには時間が必要であることを痛感させられた。
しかし今の自分にとってはレースを走っても痛みが出ないまでに体が回復していることは前向きに捉えることができる。

八幡浜からできる限りの準備はしてきたつもりではあったが、短期的に見れば却ってパフォーマンスを下げる方向に進んでしまっていた部分もあるように思う。登りの斜度が緩んだ場面で回転数を上げることができず、ゴールまでぎこちないペダリングになってしまっていた。レース中の動画を見返すと色々と反省点が多く、訳も分からず走れなかったというレースではない。1ヶ月半後の全日本に向けては修正していけると思っている。

ともあれ今回の富士見も本当に勝ちたいレースであったので、思うように走れなかった自分にストレスは溜まっている。サポート体制も完璧にして頂いていたために、結果で応えることができなかった自分に腹が立つ。今の自分にできることは、今回のレースを「失敗だった」と切り捨てて終わるのではなく、何が原因で思うように走れなかったのかをしっかりと分析し、次のレースに向けての成長のきっかけとなるように繋げていくこと。

次に富士見を走るのは全日本選手権。ここで最高のパフォーマンスを発揮するために、今できることは沢山ある。モチベーションは高く保てているので、体調に十分に気を使いながら、自信満々の状態で全日本の日を迎えられるように準備していきたい。

沢山の応援、本当にありがとうございました。
苦しいレースであったからこそ、本当に力になりました。
そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                     (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM Low Light
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                   レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp